全国対応! 最短30分! 24H対応!
クラシアン 水道救急センター 水道トラブル110番
0120-511-511 0120-245-990 0120-110-859
水漏れ修理水道屋さん比較隊 » 知っておきたい!水道豆知識 » 水漏れ対策に保険に加入しよう

水漏れ対策に保険に加入しよう

水漏れトラブルが発生してしまったときは、当然ながら水道工事やパーツ交換など出費が発生するぞ。もしものときのために入っておきたいのが「水漏れに対応している保険」だ。万が一のときに備えて、保険の種類や適用される事例などを紹介するぜ。

水漏れ時に適用される保険とは?

水漏れのような水トラブルが起きたときに適用されるのは、「火災保険」や「個人賠償責任保険」などが挙げられる。保険の名前だけだと、水トラブルに関係していないように思えるが、実は水漏れにも対応している保険だ。火災保険では、給配管(水道管や排水管、給湯ボイラー等)や水漏れの事故などに対応しているぞ。個人賠償責任保険の場合は、洗濯機やお風呂場からの水漏れにも対応しているんだ。

水災保険というもの存在するが、洪水や高潮、土砂崩れなどの自然災害に対応する保険。水漏れのようなトラブルには適用されないから、注意してくれよ。

火災保険が適用されるケース

設備の不具合による水漏れに対応

住宅に設置されている設備に発生した事故に対して保証してくれるのが火災保険だ。事故とは、「誰にも予想できず止められない突然起こること」。具体的な例として、冬に水道管が凍結してしまい破損してしまう場合だ。水道管は給排水設備にあたり凍結までは予想できたとしても、破裂までは予想できないので保証の対象となるぞ。

ほかにも、上の階や隣の部屋からの水漏れの場合も対象になる。ただし、相手か自分の保険しか使えない、保険の2重取りはできないから気をつけろ。隣の家が火事になって、放水の被害を受けた場合も、適用されて補償が受けられるから安心だ。

適応されない条件もあります

気をつけたいのは、設備の故障による水漏れに対応している点だ。洗濯機の排水ホースやお風呂の水を溢れさせてしまった場合には適用されないぞ。浴槽やシンクは給水された水を使う場所だし、排水口より先の部分が排水設備となるから、単体では給排水設備にはならないんだ。また、雨漏りも基本的には保証されない。なぜかというと、ほとんどの原因が建物の老朽化にあるからだ。老朽化であれば、予測することで被害が起こる前に修理もできるだろう。つまり、事故性が低いと判断されるケースは対象外となる場合が多いということだ。

火災保険の対象となる給排水設備

  • ・水道管
  • ・排水管
  • ・給湯ボイラー
  • ・ガス湯沸かし器
  • ・トイレ水洗設備
  • ・雨どい
  • ・浄化槽

個人賠償責任保険が適用されるケース

過失の水漏れも保証してくれる

個人賠償責任保険は、個人や家族が日常生活で他人にケガや物を壊してしまったときに補償してくれる保険だ。事故によって発生した損害賠償や弁護士費用などに充てることができるぞ。火災保険や自動車保険などの特約として契約するのが一般的。目安として、火災保険の特約であれば1億円の保険金額を月額120円で加入できる。この金額で、これだけの補償が受けられるのならうれしいよな。

また、水漏れを発生させてしまった場合、隣や下の階に賠償責任を負う必要が出てくるぞ。具体的な事例を紹介しよう。自室の床下にある給湯管から水漏れ事故が発生した場合、下の階の2部屋に被害が出た事例だと760万円の賠償額が発生。次に、洗濯機の排水ホースが外れた事例では、2階下の部屋まで水が流れてしまい230万円の賠償額になってしまったんだ。だから、もしものときのために入っておくことをおすすめする。個人賠償責任保険は、小さな出費で大きな安心が得られる保険だぞ。

そのほかの適応事例

  • ・他人の車を傷つけてしまった
  • ・自転車で他人にぶつかってケガをさせた
  • ・間違って店の商品を壊してしまった
  • ・ケンカで相手にケガを負わせた
  • ・おもちゃで友達にケガをさせてしまった
  • ・窓から物を落としてしまい、下を歩いていた人にケガをさせた

賠償責任保険の注意点とは

料金も安く入っていると安心できる賠償責任保険だが、注意してほしい点がいくつか存在する。まず重複契約になっていないかだ。特約として付けられる保険だから、家族で複数の保険に入っている場合は重複の可能性があるぞ。

また、知らないうちに解約してしまわないかも注意してくれ。個人賠償責任保険は特約だから、基本的に他の保険に付帯している。保険を解約する際は、個人賠償責任保険が付いていないか確認するといい。ほかにも、他人から借りていたものには保険が適応されないぞ。保険会社によっても補償内容が異なることがあるから、加入するときにしっかりと確認しよう。

まずは水道屋さんに連絡

水漏れに対応している保険について紹介してきたが、トラブルが起こってしまった際は、まず修理や相談ができる水道修理業者に連絡するんだ。マンションやアパートであれば、管理会社に連絡して修理を依頼するといい。保険の補償内容がよくわからない場合も、業者に相談してみよう。保険担当が代理で対応してくれるところなら、こちらが対応する手間が省けるぞ。状況を把握してすぐに連絡することが、被害を最小限に抑えられる手段だと覚えておこう!

水モレンジャーが選んだ!スピード対応が可能なおすすめ水道業者3選!詳しくはココをクリック!

PAGE TOP