全国対応! 最短30分! 24H対応!
クラシアン 水道救急センター 水道トラブル110番
0120-511-511 0120-245-990 0120-110-859
水漏れ修理水道屋さん比較隊 » 知っておきたい!水道豆知識 » マンション、アパートで水漏れが起きたら

マンション、アパートで水漏れが起きたら

マンション、アパートといった集合住宅内で水漏れが起こってしまった場合、別の部屋に2次被害が及ぶ恐れがあるので、速やかな対応が必要だ。もし、集合住宅で水のトラブルにあった時、どんな対応をしたらいいかについて紹介しよう!

自分の部屋がトラブルを起こした場合

実はマンション等では、床に防水加工を施しているのはお風呂場に限られている。なので、トイレやキッチン、洗面台などといった他の場所で水漏れが起こったら、そのまま床から階下へも水漏れしてしまうんだ!集合住宅の場合、水漏れの原因が個人の専有部分であれば、その人が賠償責任を負うというのが原則となっている。

水漏れの原因

「うっかり」による水漏れ

水漏れの原因で、意外に多いのが住民の「うっかり」によるものだ。うっかり屋さんは、十分に注意しよう! 具体的にどんな「うっかり」があるのかというと、まず洗濯機の「うっかり」。排水ホースがきちんと装着されていなかったりなどの「うっかり」で、水漏れを起こして近隣に迷惑をかけることがあるので、ホースの接続をよく確認しておこう。

配管劣化の水漏れ

「うっかり」による水漏れに心当たりがない場合、配管の劣化による水漏れの可能性が大だ。配管とは、給水管、給湯管、排水管のこと。マンションを区分所有している場合は、これらの配管は共有部分ではなくて、居住者の専有物となるんだ。だから、配管劣化で水漏れが発生し階下の住宅に被害を及ぼした場合、階上の人が階下の人に補償をしなければならないぞ。

給水管

給水管とは、キッチンやトイレ、洗面化粧台、お風呂などの蛇口につながっている配管のことだ。給湯管は金属でできているので丈夫だが、時間が経つと経年劣化を起こして配管に穴が開いて漏水することがあるぞ。

給湯管

給湯管とは、バルコニーや玄関横などに設置してある給湯器から、キッチンやお風呂、洗面化粧台につながっている配管のことだ。給水管と同じように経年劣化で配管に穴が開くことがあるので、水漏れを確認したらチェックしてみよう!

排水管

排水管とは、キッチンやトイレ、洗面化粧台、お風呂かどで使った水やお湯を流す配管のことだ。こちらも、給水管や給湯管と同じように、経年劣化で配管にズレや割れが生じることがあるので要注意だぞ。

マンションで水漏れした時の対処法

1.水道業者に連絡

マンションで水漏れしたときは、まっさきに水道業者に連絡することが大事だぞ。洗濯機のホースが外れていたなどの単純な理由ならば問題ないが、何が原因が分からないので色々調べてみる、なんて悠長なことを言っていたら、階下への被害はどんどん拡大する。その被害を補うのは、原因を作った階上の住人なんだ。モタモタしている間に、補償しなければならない被害額が増えていくので、一刻も早く水道業者に連絡しよう!

2.管理会社への連絡

水漏れの原因が分かっていようがいまいが、水道業者に連絡しようがしまいが、マンションで水漏れを起こしたときは、管理人や管理会社に連絡するのが筋だぞ。連絡したところで「ああ、そうですか。ご自身で対処してください」で終わる可能性が大だが、それでも集合住宅に住む以上、管理人や管理会社への連絡は最低限のマナーだ。何より、連絡をしておいたほうが、後々に何らかのトラブルが発生したときに、事態が少しは緩和する可能性がある。覚えておこう!

3.電気会社に連絡

水漏れが発生したときは、電気会社にも連絡をしておこう。なぜなら、水漏れの影響によって漏電の可能性もあるからだ。最近の電気配線には、漏電防止のビニールが巻いてあるので安心なんだが、それでも万が一のことを考えて、電気会社に連絡しておくのが無難。階下の人に安心して電気を使ってもらえるよう、原因を作った階上の住人はしっかり対応しよう。電話口で安全チェックの要領を教えてもらえるはずなので、それに沿って自分でチェックしてみよう。

4.後日に菓子折りを持って謝罪

当日に必要な対処を行なったら、あとは、なるべく早めに被害を与えたお宅へ謝罪に行こう。あまり日を空けるのは失礼なので、トラブルがあった翌日か翌々日には行くようにしたほうがいいぞ。謝罪の際には、もちろん菓子折り持参。高価なものでなくても構わない。謝罪の気持ちが大事なのだから。また、今現在だけ判明している被害の補償だけではなく、今後発覚した被害についてもしっかり補償します、と伝えておこう。

保険を活用することが大切

賠償額が数百万円に及ぶことも

マンションの水漏れの原因が共有部分にあるときは、何らかの被害が出ても、個人がそれを補償することはない。管理組合が責任を持って対処してくれるから、心配は無用だ。ただ、マンションの住人の不適切な水の使用が原因の水漏れだったり、あるいは、住人の専有物に属する配管が原因の水漏れだったりした場合には、被害を与えたお宅に対して、個人で補償をしなければならないことになるぞ。軽い被害だったらいいのだが、場合によっては、数百万円の被害補償額になることもある。被害を受けたお宅は、一刻も早く原状回復をしてほしいだろうから、被害を与えたほうも、すぐにでも補償のお金を準備しないとダメなんだ。万が一に備えて、保険に入っておくことが大事だぞ。

火災保険の「個人賠償特約」

水漏れで他人の家に被害をもたらしてしまった場合、その修繕費用などを補償してくれる保険が、火災保険などに付帯している「個人賠償責任特約」だぞ。「個人賠償責任特約」とは、自分が原因で他人に何らかの損害を与えてしまった場合、他人から求められる賠償請求金額を補償してくれる保険。マンションに入居する際、通常は火災保険に加入していると思うが、そこに「個人賠償責任特約」を付けているかどうか、今一度チェックしてみよう。ちなみに、管理組合が加入している共有部分の火災保険に、各入居者を対象にした「個人賠償特約」がついている場合もあるぞ。一度、管理組合に確認してみよう! ただし「個人賠償責任」は、水漏れ被害による自分の家の修繕費用までは補償していないので、理解しておこう。

水漏れ被害を受けた場合

相手の特定と原因の特定

上の住人からの漏水だった場合

階上の住人からの漏水で被害を受けたことが判明した場合には、上の住人に被害の賠償を求めることができるぞ。それぞれの住人が、何らかの損害保険に加入している可能性もあるので、まずは保険で解決する方法を探ってみよう。保険が適用されない場合には、直接、階上の住人に被害額の補償を請求することになる。金額の根拠になる資料を提示するなどして、感情的にならずに交渉しよう。いずれの場合も、無用なトラブルを避けるために、管理組合などに間に入ってもらったほうがいいぞ。

上の住人からの原因による漏水ではなかった場合

階上の住人に心当たりのない漏水の場合、階上の床下などを走る給排水管が原因の可能性が高いぞ。その可能性がある場合には、管理組合と上階の住人の了承を得て、上階の床下の配管の状態を確認してもらう必要がある。確認して配管からの漏水が見られた場合は、早急に修繕をしてもらうようにしよう。ところで、階上の床下を確認するには、原則として、階上の住人に協力してもらうことが必要。協力を拒絶される場合もあることを承知しておこう。

上の階の人に調査を拒絶されたら

一般に、階下の住人に頼まれて床下の調査を拒絶する人は多くはないと思うが、万が一、拒絶されることも想定して、あらかじめ管理組合に協力を仰ぐことが大事だぞ。自分で交渉するのではなく、管理組合を通じて交渉してもらうのが無難だ。「正当な理由がない限り床下の調査を拒むことはできない」という地裁の判例もあることを管理組合から伝えてもらい、感情的にならなずに、穏便に調査に協力してもらえるようにしよう!

調査結果が判明、さて誰に賠償を求める?

調査の結果、階上の床下の配管に原因があった場合には、その配管の修理を進める一方で、被った被害の賠償を求めることになるぞ。賠償を求める場合、その配管が誰に属するものか、ということをハッキリさせることが大事だ。階上の住人の「占有部分」であれば階上の住人に、「共有部分」であれば管理組合に賠償を求めることになる。「占有部分」なのか「共有部分」なのかについては、構造上の難しい問題も絡んでくるので、専門家に判断を仰いだほうが良いだろう。

保険と専門家は強い味方!

マンションの漏水被害は、多くの場合、損害保険で解決できる事案ばかりだぞ。自分が被害者になった時だけでなく、加害者になった時のことも想定して、適切な保険に入っておくことをおすすめする。もし、損害保険で解決できなかった場合には、役所の法律相談窓口や弁護士会の法律相談などを利用して、アドバイスを仰ぐようにしよう。自分で解決を図る場合でも、専門家に助言してもらいながら処理を進めれば、とても心強いものだぞ。

水モレンジャーが選んだ!スピード対応が可能なおすすめ水道業者3選!詳しくはココをクリック!

PAGE TOP