全国対応! 最短30分! 24H対応!
クラシアン 水道救急センター 水道トラブル110番
0120-511-511 0120-245-990 0120-110-859
水漏れ修理水道屋さん比較隊 » 水漏れを起こす場所ごとに修理方法を解説するぞ!
住まイエロー

水漏れを起こす場所ごとに
修理方法を解説するぞ

水漏れ等のトラブルは、いつ発生するかわからないし、家の中で水まわりと呼ばれる場所ならどこで発生してもおかしくない。もしもの時の心構えとして、水もレンジャーが場所ごとによくある原因と修理方法を解説するぞ!

トイレ・ウォシュレット

トイレ・ウォシュレットのイラストキッチンでは、蛇口からの水漏れや、シンク下の排水管からの水漏れといったトラブルの報告が多いようだ。いざという時の応急処置の仕方などをを含めたトラブルの解決方法を解説!

トイレ・ウォシュレットの水漏れを解決する

キッチン・台所

キッチン・台所のイラストトイレでは、タンクや給水管からの水漏れや、以外にもウォシュレットからの水漏れトラブルが多く報告されている。いざという時の応急処置の仕方などを含めたトラブル解決方法を解説!

キッチン・台所の水漏れを解決する

シャワー・お風呂

シャワー・お風呂のイラストお風呂場では、蛇口やシャワーヘッドからの水漏れや給水管からの水漏れトラブルが多く報告されている。いざという時の応急処置の仕方などを含めたトラブル解決方法を解説!

シャワー・お風呂の水漏れを解決する

パイプ・排水

パイプ・排水のイラスト 水の通り道であるパイプでは、老朽化によるひび割れや接合部分からの水漏れといったトラブルが多い。いざという時の応急処置の仕方を含めたトラブル解決方法を解説!

パイプ・排水の水漏れを解決する

洗面台

洗面所のイラスト洗面所では、キッチンと同じく蛇口や給水・排水管からの水漏れといったトラブルが多く報告されている。いざという時の応急処置の仕方などを含めたトラブル解決方法を解説!

洗面台の水漏れを解決する

蛇口

蛇口のイラスト水の出口として欠かせない蛇口では、水が止まらない・土台部分から水漏れがするといったトラブルが多い。いざという時の応急処置の仕方を含めたトラブル解決方法を解説!

蛇口の水漏れを解決する

混合水栓の水漏れ

混合水栓のイラスト最近一般家庭でも主流となってきた混合水栓では、水が止まらなくなる・温度の調整ができないといったトラブルが多い。いざという時の応急処置の仕方などを含めたトラブル解決方法を解説!

混合水栓の水漏れを解決する

洗濯機の水漏れ

水を使う大型家電の洗濯機。ファミリー世帯では、毎日のように使うので急なトラブルに見舞われると困ってしまうことが多いと思う。そんな時に役立つ対処法を詳しく紹介しているぞ。同じような経験をした人の声も参考にしてみてくれ。

洗濯機の水漏れを解決する

天井の水漏れ

天井からの水漏れは、原因が様々。天候が悪い日ならば、雨漏りの可能性があるし、アパートやマンションならば上に住んでいる人の人的ミスや水道管のトラブルなども考えられる。こんな時にどう対処すればよいかが分かるから急なトラブルの時に役立つぞ。

天井の水漏れを解決する

給湯器の水漏れ

日ごろから使うことの多い給湯器から急に水やお湯が漏れてきたらビックリするだろう?でもこういったトラブルは予期せぬ時に起きてしまうものなんだ。そんな時にどうすればよいか、原因は何なのかが具体的に紹介してあるぞ。

給湯器の水漏れを解決する

エアコンの水漏れ

暑い時や寒い時に便利なエアコン。特に梅雨や夏場の寝苦しい熱帯夜には、重宝するからとても便利だ。そんなエアコンから急に水漏れがした場合、どうすればよいか紹介しているぞ。いざという時に役立つから参考にしてみてくれ。

エアコンの水漏れを解決する

水栓柱の水漏れ

自宅の庭や公園などに設置されていることの多い水栓柱。最近はおしゃれなデザインのものや、凍結防止の機能が付いているものもあるんだ。だけど設置してから時間がたつと水栓柱から水が漏れてしまうことがあるから注意が必要だぞ。そんな時に慌てないようにこれを読んで勉強してくれ。

水栓柱の水漏れを解決する
水漏れしている場所によって原因や対処法が違うからチェックしよう!

水漏れって自分で修理することはできるの?

水漏れって自分で修理することはできるの?

水漏れといってもその原因は、1つだけではない。色々なことが水漏れの理由として考えられるぞ。まずは、水漏れの主な原因から見ていこう。

水漏れの主な原因は、次の5つだ。

  • ・本体の老朽化
  • ・パッキンなどのパーツの劣化や損傷
  • ・ナットや接続部分のゆるみ
  • ・給排水管の破損
  • ・排水管やパイプのつまり

では、それぞれの要因を1つずつ詳しく説明していこう。

まず本体の老朽化は、水道の蛇口やトイレの便器など、水周りの設備そのものが時間の経過が理由で壊れてしまうケースだ。水道の蛇口など小さなものは、自分で交換することができるかもしれないが、便器などになるとなかなか自分で交換するのは難しいぞ。

パッキンなどのパーツの劣化や損傷は、本体の内部にあるパーツが劣化してしまうもの。交換に必要な新しいパーツは、ホームセンターなどで購入することができるので、自分で修理することは十分、可能だ。

ナットや接続部の緩みは、振動などでこれらの部品が緩んでしまうケース。設置から時間がたてばたつほど、この緩みが発生しやすくなるぞ。これは、再度、締めなおしてやるだけでOKなので、工具さえあれば簡単に対処が可能だ。

給排水管の破損は、経年劣化や凍結などによって管が破損してしまうことだ。これは、素人では簡単に直すことが難しいため、専門の業者に相談した方がいいかも知れないな。

最後に、排水管やパイプのつまり。これは軽度なものであれば、専門の掃除用具を使ったり、洗浄剤を入れたりすることで対応は可能。ただし、重度のつまりの場合は、自分で対処するのは難しいから専門の業者に相談だ。

水漏れは、その状況によって対処可能かどうかは変わってくるが、水漏れの勢いが弱い時や、原因がはっきりしていて、その対応に自信がある時は、自分でチャレンジしてみよう。もしどうしていいか分からない場合や修理しようとして、難しいと感じた時は、早めに水道業者に連絡だ。無理をするとかえって症状がひどくなってしまうことも考えられるから注意するんだぞ。

水モレンジャーが選んだ!スピード対応が可能なおすすめ水道業者3選!詳しくはココをクリック!

PAGE TOP