混合水栓

混合水栓の水漏れ

お湯も水も出て便利!混合水栓の水漏れ解決法

一つの蛇口から水もお湯も出すことができ、今ではほとんどの家庭でこの混合水栓が使われている。トラブルを早く解決させるための知識として、混合水栓の水漏れの原因やいざという時の対処法について紹介するぞ!

水漏れの原因は?

混合水栓の水漏れ、その要因は「老朽化」と「不良」

混合水栓の水漏れでは大きく分けて2つの症状が多く報告されている。それが、「混合水栓をちゃんと閉めているのに水が止まらない」「混合水栓の土台の根元から水漏れがしている」という2点だ。「混合水栓を閉めているのに水が止まらない」場合には、水を留めているハンドルの締める力が緩くなっているか、内部パーツのパッキンの劣化が原因で水漏れをしていると考えられる。「混合水栓の土台の根元からの水漏れ」の場合には、やはり接合面の劣化もしくは緩みが原因の場合と、混合水栓本体の劣化・破損が原因と考えられる。破損が認められる、または見ても良くわからないといった時は、プロに状況をみてもらうことをおすすめするぞ!

自分でできる水漏れの修理方法を伝授!

水漏れ箇所を確認しよう

混合水栓で水漏れが起こったら、まずどの部分から水漏れが起こっているかを確認しよう!水漏れが蛇口であった場合、ナットやパッキンの緩み、ハンドル内にあるバルブの故障が考えられる。ナットの締め直しや、バルブはホームセンターなどでも買うことができるので、自分で交換修理をすることが可能だ。その際は、作業に移る前には止水栓をしっかりと閉め、水の供給を止めてから行おう。水漏れが給水管との接続部からであった場合は、自分で修理するというのは難しい。ここはプロの水道屋に依頼をして、詳しい原因を見極めてもらって修理してもらうのが、一番確かな方法となる。

混合水栓の修理方法を詳しくみる>>

料金相場:4,420円
※料金の相場はご紹介している水道屋さん10社の平均となります。その他、内容によって料金が掛かる場合がありますので、業者へのお見積によりご確認下さい。

水道屋さんに修理をお願いすると、蛇口の水漏れの場合、水もレンジャーおすすめ10社の平均では約4,420円といったところだ。これはいずれの業者も基本料金となるので、水漏れの修理作業内容の違いであったり、作業状況の違いにより料金は変動する。パッキンなどパーツの交換の身で修理が完了するような軽度のものであれば、ほぼ基本料金と変わらない金額でおさまるが、やはり混合水栓そのものを交換しなければならないような状況だと、それなりの金額となってしまう。新しくする混合水栓の値段も種類も複数あるので、見積りの際に予算面での話し合いは納得できるまで確認しよう!

水モレンジャーが選んだ!スピード対応が可能なおすすめ水道業者3選!詳しくはココをクリック!

PAGE TOP