全国対応! 最短30分! 24H対応!
クラシアン 水道救急センター 水道トラブル110番
0120-511-511 0120-245-990 0120-110-859
住まイエロー

水栓柱の水漏れを修理

自分で修理する? 業者に修理してもらう?

ここでは、水道の水漏れの原因、自分で修理する方法、業者に修理を依頼したときの料金の目安について、それぞれ詳しくまとめてみた。ゴムパッキンが原因の水漏れは、頑張れば自分で修理できるかも知れない。でも、それ以外の原因での水漏れの場合は、修理に専門的な知識が必要になるので、費用がかかってもプロにお願いすることをお勧めするぞ。

水漏れの原因は?

パッキンの破損か蛇口の破損

蛇口の水漏れの原因は、パッキンの破損か、蛇口の破損かのどちらかだ。パッキンの破損の場合は、新しいパッキンに交換すれば症状はすぐに改善する。パッキンを交換しても水漏れが治らない場合は、蛇口の破損の可能性が大だ。

パッキンの不良

蛇口などからの水漏れを確認した場合、まっさきに確認すべきはパッキンの状態だ。多くの水漏れはパッキンの不良から生じている、という事実を知っておいたほうがいいだろう。パッキンに問題があることが分かったら、もう解決したようなもの。パッキンを交換すればいいだけだからだ。具体的には、蛇口のハンドルの根本や、吐水パイプの根本・先端などをチェックしてみよう。この辺から水漏れが生じている場合には、高い確率でパッキンが原因と考えていい。自分で新しいパッキンに交換できれば安上がりだが、自信がない人は専門の水道屋さんにお願いしよう。

蛇口そのものが破損

パッキンを交換しても水漏れが治らないことがある。そんな時に疑うべきは、蛇口そのものの破損だ。老朽化などで蛇口が壊れてしまっている場合には、いくら良質のパッキンに交換しても、当然だが症状は改善しない。残念ながら、ここは諦めて蛇口の本体そのものを交換するしかない、と心得ておこう。もちろん、見た目で明らかに蛇口が破損している場合には、パッキンで試す意味がない。すぐさま蛇口の交換を行なおう。ちなみに、蛇口ではなく吐水パイプそのものが破損している場合には、吐水パイプの交換だけで症状は改善するので覚えておくといいぞ。

水漏れ別の修理方法を伝授!

まずは元栓を閉めまよう

水漏れを修理する際は、作業中に家が水びだしにならないよう、まずは水道の元栓を締めるようにしよう。元栓は玄関先などのメーターボックスの中にあるのが一般的。いざと言うときに慌てないよう、日ごろから元栓の位置を確認しておこう。

  • ● ハンドルの根本から水漏れ
    水道のハンドル部分の根本から水漏れしている場合は、「三角パッキン」と呼ばれるパッキンを交換しよう。ハンドル部分を取り外すと、接合部に「三角パッキン」が登場する。これを交換するんだ。ちなみにハンドルを取り外すときは、モンキーレンチが必要。モンキーレンチとは、きっと皆さんの家庭にもある、先がCの形をした工具のことだ。
  • ● 吐水パイプの根本から水漏れ
    吐水パイプの根本から水漏れが発生している場合は、「Uパッキン」の交換をすることで解決できる。「Uパッキン」も「三角パッキン」と同じように、ハンドルを外したときの接合部にあるので覚えておこう。「Uパッキン」を交換するときは、パッキンの正しい向きを覚えておくように。逆向きでセットすると、また水漏れが起こってしまうぞ。
  • ● 吐水パイプの先端から水漏れ
    吐水パイプの先端から水漏れしている場合には、「駒パッキン」というパッキンを交換しよう。「駒パッキン」とは、モンキーレンチでハンドルを取り外したときに、一番下にあるパッキンのことだ。ちなみに「駒パッキン」とは、駒の形に似ていることから付けられた名前。どれが「駒パッキン」なのか分からない人は、駒の形をイメージしてみよう。
  • ● 散水栓本体の破損(蛇口の交換)
    散水栓本体が破損している場合は、蛇口の交換が必要だ。蛇口は、反時計回りに回せば水道管から外れる仕組みになっている。逆に、新しい蛇口を取り付ける場合は、時計回りに回そう。ただし注意点が一つ。取り付けの際は「時計回りのみ」とすることだ。少しでも半時計周りをやってしまうと、また不具合の原因になることがあるので要注意だ。

水道修理の業者に頼むといくらかかる?

3つの修理パターンの費用の目安

自分で水道を修理する自信がないならば、専門の業者に修理を依頼することになる。ゴムパッキンの交換を依頼した場合、バルブ・蛇口本体の交換を依頼した場合、水栓柱を修理・交換した場合の3パターンに分け、それぞれ業者の費用の目安を確認しておこう。

  • ● 蛇口内のゴム類の交換
    ■費用の目安…作業料金8,000円+材料費
    今や蛇口のパッキンは100円ショップでも売られているくらい、一般的な材料。そのため、蛇口内のゴムパッキンの交換ならやったことがある、という人もいるだろう。確かに、簡単な日曜大工くらいの作業で済むので、ポイントを押さえれば自分でできないことはない。ただし、それはハンドル式の水道の場合のみ。レバーを上下させるタイプの水道の場合は、内部が複雑な構造になっているので、よほど自信のある人でもない限り、水道業者に修理を依頼したほうが無難だぞ。
  • ● バルブ・蛇口本体の交換
    ■費用の目安…作業料金8,000円+材料費
    バルブや蛇口本体の交換は、素人ができないわけではないのだが、水道オタクくらいの知識や技術は必要だ。よって、無理に自分で修理をしようとせず、最初からプロに任せたほうがいいだろう。費用の目安は作業料金8,000円+材料費。ゴムパッキンとは違って、水道本体の材料費は決して安くはない。キッチンによく見られる一般的な水道本体の場合、最低でも10,000円はすると考えておこう。よって費用の総額は、作業料金と合わせて20,000円以上はかかるだろうな。
  • ● 水栓柱の修理・取り換え
    ■費用の目安…作業料金15,000円+材料費
    水栓柱は頑丈なように見えて、意外と簡単に曲がってしまうぞ。サッカーボールが勢い良くぶつかっただけでも傾いてしまうことがあるので、日ごろからの注意が必要だ。曲がっただけならば見た目の問題で済むのだが、根本で給水管が破損している場合もある。傾いてしまったときは、根本をよくチェックすることだ。水栓柱を交換する場合、同じ位置に設置するならば上記のような費用の目安となる。ただし別の位置に設置する場合は、給水管の工事も必要となるため、工賃がグッと上がると考えておこう。
水モレンジャーが選んだ!スピード対応が可能なおすすめ水道業者3選!詳しくはココをクリック!

PAGE TOP