トイレ・ウォシュレット

トイレ・ウォシュレットの水漏れ

使えないと本当に困る!トイレの水漏れ解決法

トイレはほぼ毎日使うものだし、水漏れしてしまったら困ってしまう。水漏れの場所がわかったとしても、自分で修理するのは難しいので、プロの業者に修理を依頼するのが必要。業者が来るまでの応急処置として知っておきたい、水漏れの原因や対処法について紹介するぞ!トイレ・ウォシュレットの水漏れを修理した人の体験談もチェックしてくれよな。

水漏れの原因は?

トイレの水漏れで一番の要因は「老朽化」

トイレで起こる水漏れトラブルでは、次のような箇所が多く報告されている。

・水漏れ発生箇所…「便器からの水漏れ」「タンクからの水漏れ」「給水管からの水漏れ」「ウォシュレットの給水ホース・ノズル・操作パネル等からの水漏れ」

狭い空間なのに、水漏れを起こしやすい箇所が多いことがおわかりだろう。これらの水漏れトラブルを起こす一番の要因といわれているのが「老朽化」で、パイプや便器にひび割れなどの破損が生じ、そこから水漏れを起こしてしまうのだ。その他にも、ウォシュレットでは内蔵の機器が故障してしまったのが原因で、ノズルから水が止まらなくなることもあるそうだ。

こういったトイレの水漏れ箇所は、自分では修理することが難しいので、プロの修理業者にお願いすることになるだろう。しかし、業者を呼ぶまでの応急処置をしておく必要があります。そこで自分でできる応急処置の仕方を紹介したいと思う。

水漏れしたらまずはどうすればいい?

トイレタンクから水漏れしている場合

トイレで水漏れが起こった場合、応急処置としてまず一番最初にしてもらいたい事は、水のもと線である「止水栓」を閉めることだ。とりあえず便器への給水を止めて、それ以上水漏れがしないようにしてから水漏れ箇所を確認しよう!トイレで一番水漏れを起こす箇所は、トイレタンクということだ。まずはタンクから水漏れをしていないか、外側やタンク内をよくチェックしよう。原因が、タンク内のパーツのずれやパッキンの緩みであれば、自分で対処することも可能!ホームセンターで汎用パッキンを買って取り替えるなどすれば解決できるぞ。原因が本体の破損であったり、対処法がよくわからない場合は、無理せずプロに修理をお願いしよう!

ウォシュレットから水漏れしている場合

水漏れの原因がウォシュレットにある場合は、あまり自分で解決しようと思わない方がいいぞ!まずはタンクの時と同様、「止水栓」を閉めて水の供給を止めてから、水漏れ箇所を確認しよう。パーツから水がしみ出ている場合、タンク同様に市販の汎用パッキンとの交換で対処できるケースもあるが、電化製品だからプロに修理をお願いすることをおすすめしたい。感電の危険性もあるし、電気のコードに水がかかってしまったために、火事になってしまった…なんて最悪のことが起こる可能性もあるからだ。なるべくコードやコンセントに水がかからない処置をして、すぐさま業者に修理を依頼しよう!

トイレの水漏れ修理法を詳しく見る>>

トイレ・ウォシュレットの水漏れを修理した体験談

タンクからの水漏れを修理してもらいました

私はアパートを所有しており、メンテナンスもできるだけ自分でやるようにしています。ある日、住人からトイレの水が止まらないと連絡があったので確認しに行くと、タンクからチョロチョロと水が漏れていました。以前にも似たような水漏れがあり、すぐに直せたので今回もたいしたことはないだろうと思っていたのですが、まったく原因が分からず…。これは自分で直すのは無理だと判断し、水道修理業者に電話をかけました。

状況を伝えると、水位を調整するフロートと言う部分がダメになってきているかもしれないとのこと。実際に見てもらうと、フロートの軸が曲がっているのが原因だと判明しました。水漏れが起きたときにフロートをまげて止めようとする人が多いのだそうですが、この方法では一時的に水が止まるだけで根本的な解決にはならないようです。それどころか、より悪化してしまうそう。もしかしたら、住人がまげてしまったのかもしれません。すぐに修理をしてもらい、1時間ほど作業してもらったところ、ピッタリ水が止まりました!さすがプロですね。

ウォシュレットからの水漏れを自己解決

毎日使うトイレが故障してしまうと非常に不便です。先日、私の家でもゾッとするような出来事がありました。いつものようにトイレに入ると、便器と床のパッキン部分から少し水が漏れていたのです。驚きましたが、少量の水漏れなので自分で直してみることにしました。直す方法をインターネットでいろいろ調べて即実行。最初に止水弁を閉めて水が漏れないようにします。点検していくうちに、ウォシュレットから漏れていることがわかりました。

説明書を片手にウォシュレットの本体を外してみると、ネジやボルトがゆるんでいるようだったので、締め直しました。自己判断では部品の劣化や破損はなかったため、そのまま止水弁を開放。見事水漏れが直っていました!こんなに簡単に直せるとは思っていなかったので、正直なところ拍子抜け。まあ、今回はたまたま直っただけかもしれないので、今後トイレの水漏れをこまめにチェックします。次回漏れていて簡単に治らないと判断したときは、素直に水道業者を呼ぶ予定です。

トイレの水漏れには業者選びが肝心

築40年以上の家屋に住んでいます。その間に何回かリフォームを行なっているので不便はありませんでした。トイレを最後にリフォームしたのは20年以上前で、当時流行っていた「温水シャワー式」の便座に変更しています。水で流せるので清潔感がありとても気に入っていましたが、最近水漏れが起きてしまったのです。

修理代がどのくらいかかるかわからず困っていたとき、知人から公共機関の業者を教えてもらって、住んでいる地区の担当に連絡。早速調査してもらうと、長い間水漏れをしていたようで床下も傷みはじめていると言われました。このままでは住めなくなってしまうので、すべて直してもらうように依頼。少し費用は上がってしまいましたが、取り返しのつかない事態になる前に対処できてよかったです。修理内容を確認しながら施工してくれたので、安心できました。やっぱり修理関係は業者選びが大切ですね。

料金相場:4,835円
※料金の相場はご紹介している水道屋さん10社の平均となります。その他、内容によって料金が掛かる場合がありますので、業者へのお見積によりご確認下さい。

水道屋さんに修理をお願いすると、トイレの水漏れの場合、水もレンジャーおすすめ10社の平均では約4,800円といったところだ。しかしこれはあくまでも基本となる料金なので、水漏れの状態や作業内容、夜間料金等といった変動制の加算料金のある・なしによって変わってくる。その点を踏まえて、見積りの時には妥協せず内容をよく確認してから契約しよう。また、それぞれの水道屋さんでは割引特典があり、利用することで料金がお得になる場合がある。これを知らないで利用しなかったなんて、相当もったいない事態だぞ!こういった割引サービスについても、問い合わせや見積り時にしっかりと確認しよう!

水モレンジャーが選んだ!スピード対応が可能なおすすめ水道業者3選!詳しくはココをクリック!

PAGE TOP