当サイトの水道業者の中から最短30分以内で駆けつける水漏れ修理の最安値(8800円~)の全国(関東・関西・東北)対応業者※出張費無料※給水装置工事主任技術者在籍※対応エリア20以上 【2021年10月調査】
水漏れ修理水道屋さん比較隊 » 知っておきたい!水道豆知識 » 意外と知らない水道屋さんの幅広いサービス

意外と知らない水道屋さんの幅広いサービス

水道屋さんと聞くと、水道がトラブルを起こした時に修理に来てくれるところという認識が強い。けど、実は修理だけではなく「水漏れの定期点検」「給湯器の交換」「水まわりのリフォーム」など幅広いサービスを展開しているところが多いのだ。

排水管・排水口のつまり除去

排水口に水を流した際、コポンコポンという音がしたら排水管がつまりかけているサインだ。つまりの状況によっては市販の洗剤や薬剤を使うと、症状を悪化させてしまうこともあるので注意しよう。水道屋さんに依頼した場合、つまりの状況に応じて薬品やトーラー、高圧洗浄機などを使用しながら除去作業が行われる。プロの知識と経験を生かして目視で確認できない排水管のつまり箇所を特定してもらえ、つまりを確実に除去できるのがポイントだ。

浴室の排水トラップの分解清掃

排水トラップとは水道管のなかに設けられた水が溜まる部分のことで、排水の臭いや害虫が上がってくるのを抑える役割がある。一方で髪の毛や汚れなどの異物が溜まりやすいので、つまりや悪臭の原因にもなる場所だ。

浴室の排水トラップは洗い場の床と一体化した排水口カバーやヘアキャッチャー、封水筒、排水ピースなどの部品で構成されている。水道屋さんではお手入れがしにくい構造の排水トラップの分解清掃も行っており、薬品や吸引ポンプ、高圧洗浄機などを使ってつまりを除去してくれるぞ。

シャワーヘッド・シャワーホースの交換

シャワーヘッドやシャワーホースは消耗品のため、長年使用していると水漏れなどの不具合が生じてくる。シャワーヘッドやシャワーホースの水漏れは主に部品の経年劣化が原因だ。シャワーヘッドやシャワーホースは自分でも交換できるが、シャワーホースがうまく外せない、もしくは適合する商品や部品が分からないときは水道屋さんにお願いしよう。

また、機能性を重視したシャワーヘッドも増えているので、今よりも髪・肌に良いものや節水効果の高いものなどに変えたいときも、水道屋さんに相談するのがおすすめだ。

防臭キャップの交換作業

キッチンの洗面台の下から嫌な臭いがするときは、防水キャップが原因かもしれない。防臭キャップは下水の臭いや虫が床下からあがってこないよう、配管と床の穴の隙間を防ぐために付ける道具のことだ。防臭キャップの接続が緩んでいたり経年劣化で縮んでいたりすると隙間ができやすく、下水からの嫌な臭いが漂ってしまう。

防臭キャップの交換作業は自分でも行えるが、正しく装着できていないとすぐに外れてしまい、水漏れの原因にもなるので注意しよう。自力での作業がもしも不安な場合は、水道屋さんに依頼すれば交換作業を行ってもらえるぞ。

洗面台の蛇口(水栓)交換作業

水道屋さんに洗面台の蛇口交換を相談すると、早ければ連絡したその日に交換作業を行ってもらえることもある。蛇口まわりでポタポタと水漏れしているのが気になる場合、早期解決を図れるのは心強いポイントだ。蛇口の取り付け方法によって作業料金が変わってくるほか、蛇口本体の料金も別でかかるので、見積もりが無料の水道屋さんに依頼して費用や説明に納得できるかどうかで慎重に判断しよう。

洗濯機の蛇口・パッキンの交換作業

パッキンの劣化によりポタポタと水が垂れている程度の症状なら、自分でパッキンを交換して修理することも可能だ。ただし、パッキンにはさまざまな種類やサイズがあり、水漏れの場所に合ったものを取り付けないと水漏れが止まらない場合もある。部品選びやDIYに自信がない場合は、水道屋さんに依頼したほうが確実に修理できるのでおすすめだ。

水漏れの原因によっては水栓スパウトや水栓上部、洗濯給水ホースの交換が必要になることもあるが、見積もりで費用や修理内容などをきちんと説明してくれるかどうか確認してから、依頼するか検討しよう。

散水栓の交換作業

水道屋さんの作業範囲は屋内だけでなく、屋外のトラブルにも対応してもらえるぞ。たとえば庭の散水栓からの水漏れもその1つだ。水漏れの原因がパッキン不良の場合は自分で修理できるが、散水栓本体や配管からの水漏れは水道屋さんに相談しよう。

散水栓の設置状況によっては付帯工事が発生する場合があるほか、新しく設置する散水栓のタイプやデザインによっても料金が変わってくる。見積もりを出してもらって、予算内で修理可能かどうか確認しよう。

漏水・悪臭の調査

水道屋さんでは、漏水や悪臭、異音などの調査にも対応してもらえる。「どこで水漏れが発生しているのか分からない」「いつもと同じ生活をしているのに水道料金が突然高くなった」「最近水道の臭いが気になる」などの悩みを抱えている場合は、調査に対応している水道屋さんに依頼しよう。

簡易的な調査から解体・開口作業を伴う本格的な調査まであるので、水道屋さんに対応できる範囲や費用などを相談しながら検討すると良いだろう。水道屋さんによっては、カメラを使った調査やテストポンプ調査で管内のつまり・水漏れを調査してくれるぞ。

高圧洗浄

排水管のなかに生活排水に含まれる油や石鹸カス、髪の毛などが蓄積すると、つまりを引き起こす原因になる。排水管のつまりは水漏れを起こす可能性があるほか、悪臭にもつながってしまう厄介なトラブルだ。水道屋さんの高圧洗浄サービスを利用すれば、排水管にこびりついた汚れを取り除くことができる。

業務用の高圧洗浄機は家庭用よりも威力が高いため、より効果を実感しやすいのも魅力的だ。定期的に高圧洗浄サービスを利用することで、つまりを未然に防ぐこともできるぞ。

給湯器まわりの修理・交換作業

給湯器まわりの水漏れが放置するとガスの不完全燃焼やガス漏れによる異常着火、漏電を引き起こす危険性があるので、水漏れを見つけたら早急に水道屋さんに相談しよう。また、給湯器の故障でお湯が使えなくなると、生活にも支障をきたしてしまう。

水道屋さんでは給湯器やポンプまわりの水漏れ・故障といったトラブルにも対応してもらえる。配管の種類や水漏れの原因によって作業内容が変わってくるほか、交換するにしてもガス給湯器や電気温水器など種類によって料金も変わってくるので、水道屋さんに相談しながら検討しよう。

貯水槽の清掃

貯水槽とは建物内で使用する水を貯めておく設備のことで、使用する水の量が多い集合住宅やショッピングモールなどの施設に設置されている。建物の利用者が水道水を安全に使用できるように、有効容量が10㎥を超える貯水槽は水道法で年に1回の清掃が義務付けられている。

貯水槽の清掃は誰でも行なえるものではなく、飲料水貯水槽清掃業の登録を受けた業者に依頼しないといけない。水道屋さんに依頼する際は、飲料水貯水槽清掃業の登録を受けているかどうかを必ず確認しよう。

汚水槽の清掃

汚水槽はトイレからの排泄物を含む汚水を一時的に貯留しておく設備のことで、地下にトイレがある建物のほとんどに設置されている。汚水槽は定期的に清掃しないと悪臭や害虫が発生するほか、排水管のつまりや排水ポンプの不良を引き起こす可能性があるため、建築物衛生法によって6ヶ月に1度の清掃が義務づけられている。

清掃を行うには排水管清掃業の登録を受ける必要があるので、排水管清掃業の登録を受けた水道屋さんに依頼するようにしよう。

水まわりのリフォーム

水道屋さんによっては、水まわりのリフォームに対応しているところもある。和式から洋式トイレに交換したり、ウォシュレット便座を取り付けたり、使い勝手の良いキッチンや洗面所、風呂場にリフォームすることが可能だ。すべての水道屋さんが対応しているわけではないので、希望しているリフォーム工事を行ってもらえるかどうか水道屋さんに問い合わせよう。

給排水設備工事

給排水設備工事では、キッチンやトイレなどの水まわりの設備の設置やメンテナンス、給水管・排水管の設置などが行われる。ライフラインを支える重要な設備のため、確実な施行を行える技術力を持った水道屋さんに依頼しよう。

水漏れ場所ごとの修理方法を詳しくチェック>>

水モレンジャーが選んだ!スピード対応が可能なおすすめ水道業者!詳しくはココをクリック!
スピード対応できる水道屋さんを発表!

すぐ来てくれる
オススメの水道屋さんはコレだ!

※公式サイトへリンクします。

当サイトで紹介している水道業者の中から最短30分以内で駆けつけてくれる水漏れ修理の最安値(8800円~)の全国(関東・関西・東北)対応業者を紹介
※出張費無料
※給水装置工事主任技術者
(2013年5月時点)

関連記事一覧

PAGE TOP