知名度なら
基本料金:¥8,400~
最短30分で
基本料金:¥5,000~
初回基本料0円
基本料金:¥5,000~
クラシアン 水道救急センター ザットマン
0120-511-511 0120-245-990 0120-888-310
洗面台

洗面台の水漏れ

洗面台下のパイプからの水漏れに要注意!

洗面台は身だしなみを整える場所だから、いつもすっきりと清潔であってほしい。そんな願いを脅かす水漏れを解決するために、洗面台の水漏れの原因やいざという時の対処法、洗面台の水漏れを修理した人の体験談について紹介するぞ!

水漏れの原因は?

洗面台下のパイプからの水漏れに要注意!

洗面台で起こる水漏れトラブルでは、次のような箇所が多く報告されている。

・水漏れの発生箇所…「蛇口からの水漏れ」「混合水栓の土台部分からの水漏れ」「洗面台と配管のつなぎ目からの水漏れ」「給水管からの水漏れ」

これらの箇所から水漏れが発生してしまう原因としては、「パーツの緩み」「老朽化」「破損」が挙げられる。中でもよく聞かれるのが、洗面台下のパイプからの水漏れだ。老朽化または者の出し入れの時に衝撃が加わっていたなどの要因により、水漏れを防止するパッキンの劣化や接合部のナットが緩むというケースが多く報告されているぞ。また無理な扱いによるシャワー付き水栓の破損も少なくない水漏れ原因の一つだ。

自分でできる水漏れの修理方法を伝授!

洗面台下のパイプから水漏れしている場合

洗面台下にあるパイプから水漏れがあった場合、まずはどこから水が漏れているかどうかを確認しよう。洗面台との接合部やパイプの継ぎ目から水漏れだったら、第一にナットの緩みが考えられる。工具などを使ってナットを締め直すことで、水漏れが治まる場合もある。しかしそれでもおさまらないようであれば、パイプ内のパーツであるパッキンが劣化して緩んでいるか、パイプにひび割れが起こっていることが考えられる。パッキンの緩みであれば、メーカーまたはホームセンターで適応するパッキンを購入し、自分で交換修理をすることも可能だ。しかしひび割れとなると自己修理は難しいので、早めにプロに修理を依頼しよう!

洗面台の水漏れを修理した体験談

すぐに駆けつけてくれて大変助かりました。

ある日、家族を送り出したあとに洗面所へ行くと、床がビチャビチャになっていました。誰かが水をこぼしたのだろうと思い雑巾で拭きとろうとしましたが、水の量があまりにも多かったので洗面台を調べてみることに。結果、配管から水漏れしていました。一刻も早く修理してほしかったので、水道屋さんへ依頼。連絡したらすぐに駆けつけてくれる業者があることはCMやチラシなどを通して知っていましたが、あまり信用できなかったためネットで調べて何社か検討してから電話をすることに。迷ったすえ、電話対応の良さで判断することにして、電話をした時点でおおよその費用を言ってくれた会社にしました。到着してからの作業も手際よく行ってくれて、とても助かりました。水漏れの原因は、配管が腐っていたこと。依頼したその日で解決できてありがたかったです。費用もそこまで高くなかったので安心しました。

自分で修理したばっかりに大惨事!

これまでに何度か洗面所の蛇口から水漏れしていましたが、工具でネジを回すと水漏れしなくなったので、「これで大丈夫」と安心していました。ある日、仕事から帰ってきて玄関を開けると、床が水浸しに!急いで洗面所に向かうと、蛇口のネジが破損していたのです。初めは自分で直そうと思いましたが、ネジが破損した蛇口は修理することができず、結局業者に連絡して直してもらいました。今回の件で学んだことは、水漏れを起こしていた時点で業者に頼むべきだったということ。初めから依頼しておけば床が水浸しになることはありませんでした。水のトラブルはもうこりごりです。

水漏れは気付いた時点ですぐ修理

ある日、顔を洗いに洗面所へ行くと、床が水浸しになっていました。誰かが水をこぼしたのだと思い、その日はいったん様子を見てみることに。しかし、次の朝起きるとまた洗面所の床が水浸しになっていたのです。少し不安になったので、洗面台の下の棚を開けてみるとパイプから水漏れしていました。自分で直すのは無理だと判断して、業者さんに修理を依頼。すぐにパイプを取り換えてくれました。今回は特に大きな被害はありませんでしたが、前日の時点で依頼しておけば良かったと反省。これからは定期的にチェックするようにします。

洗面台の水漏れ箇所ごとの確認・修理方法

蛇口、シャワーのハンドル根元からの水漏れ

水漏れ発生部分を特定したいときは、まず水を止めて大まかにどこが発生原因かを確認しよう。締めている状況でも洗面台へ水が流れていくようなら、可能性として蛇口やシャワー部分が考えられる。蛇口やシャワーが水漏れするポジションはいくつかあるので、さらに細かく場所を特定しよう。劣化の原因となる部品も複数あるのだ。

確認した結果、ハンドルが接続されている根元からだった場合、コマの形状をした部品、もしくはゴムパッキンの劣化が理由であることが多い。必ず修理作業前には止水栓、いわゆる元栓を閉めて水が出ないようにしてから作業をしてくれ。止水栓を閉めないと作業中に水浸しになってしまう。

直すためにはドライバーなどを使い分解しなければいけない。製品に種類によって分解方法は異なるが、レバー型ならネジがあるのでドライバーを、細長い蛇口ならハンドル下のナットをレンチなどで回せば分解できるケースが多いぞ。

もしもナットが緩んでいるだけであれば締めれば直るので部品を用意することなく修理できる。まずは分解してしっかり締め直してチェックしよう。

蛇口形式なら外すと細長いものが見える。これをピンセットで取り外し、部品を交換すれば直る。レバー形式ならネジを緩めれば分解できてゴムパッキンだけを交換できるタイプが多い。

こうした内部の部品はホームセンターや通販などで購入できるので、自分でも取り替えることが可能だ。ただし、蛇口ハンドルの製品ごとに対応部品が異なるので注意しよう。もしも説明書があれば製品番号などが確認できるので購入しやすい。他にはロゴマークからメーカーを確認し、公式サイトなどで調べることができるぞ。

蛇口パイプ根元の水漏れ

発生箇所が細長いパイプ同士がくっついた部分からしている場合についても解説しよう。多くがパッキンの劣化だ。回して開け閉めする形式の蛇口でみられる事例で、水だけの単水栓もお湯と水を合わせられる混合栓も同様に考えていい。止水栓をマイナスドライバーで回して水を止め、ナットを緩めるとパイプが外れるので接続部の溝を見てみよう。ゴムパッキンがはまっており、交換すれば解決する。なお、一緒にU型部品が付随のタイプもある。

排水パイプの接続部からの水漏れ

蛇口を閉めている間は水漏れが起きないならば、洗面台の下部分に原因がある事例が多い。少し水を流しながら洗面台の下を開けて発生箇所を探してみよう。少量で場所の特定がしにくい場合には、乾いたタオルなどを当てて確認すると分かりやすいぞ。

洗面台と排水パイプの接続部から発生している場合には、大きく2つに分けられる。

ひとつはパイプ内部で詰まりが発生している場合だ。S字と呼ばれるカーブ部分があり、ここに何かが詰まっている状況である。上と下、それぞれの接続部を緩めるとパイプを外せるぞ。一度中に水を入れるなどしてチェックできる。

詰まりが原因だった場合、専用の洗剤で清掃して解消しよう。もしくは取り付けた状態でラバーカップを使用すれば解決できる。詰まってないならもうひとつの原因である排水パイプ接続部にあるナットの緩みか内部のゴムパッキンが劣化だ。S字を戻して締め直しても改善されないならゴムパッキンを交換しよう。排水パイプのパッキンも市販されているぞ。

排水パイプの劣化による水漏れ

チェックした際に排水パイプが破損し水漏れしていることに気がつく場合もあるだろう。破損しているのならば交換することで解決だが、簡単に購入できるものではないので水道修理業者への依頼がおすすめだ。

応急処置として自己癒着テープで穴の空いている部分を補修する方法がある。テープ同士が癒着するので隙間ができないテープだ。しかしあくまで一時的な対応で、そのままにしていると今後さらに劣化する危険性があるので、排水パイプが劣化をしているなら業者を呼んで交換をしてもらうべきだろう。

止水栓が水漏れの原因の場合

水を出していなくても漏れている状態で、かつ場所が蛇口ではなさそうなときには洗面台にある止水栓も疑ってみよう。排水パイプの横あたりにマイナスドライバーで調整可能な突起が止水栓だ。濡れていないタオルを止水栓に当ててみると確認できる。

注意点として止水栓なので、洗面台の作業だけでは事前の止を止める作業ができないことだ。ナットを外す前に、住宅全体の止水栓を閉じてから作業をすることを忘れないでほしい。場所はさまざまだが集合住宅なら玄関や外にあることが多い。戸建てだと水道量を図るメーターについている傾向にある。

止水栓が原因の場合は根元のナットを締め直そう。それで解決しなければ取り外してゴムパッキンの取り替えが必要だ。

洗面台の水漏れ箇所が特定できない

洗面台の水を流したり止めたりしてさまざまな部分をチェックしても特定できない場合もあるかもしれない。気がついたら洗面台付近に水たまりができているという場合は、洗面台以外に原因がないかもチェックしよう。特にもっとも予想されるのは近くにあることが多い洗濯機だ。思い返すと洗濯後に水たまりができていなかっただろうか。他の水周りを確認してみても分からない場合には、水道トラブル業者に連絡してほしい

料金相場:4,420円
※料金の相場はご紹介している水道屋さん10社の平均となります。その他、内容によって料金が掛かる場合がありますので、業者へのお見積によりご確認下さい。

水道屋さんに修理をお願いすると、洗面台の水漏れの場合水もレンジャーおすすめ10社の平均では約4,400円といったところだ。もちろんこれは基本料金となるので、水漏れの状態や夜間・休日など依頼日や場所の状況によって、金額の変動は否めない。やはり混合水栓や、洗面台そのものの交換をすすめられた場合は、下手すると10万以上の請求となってしまうケースもあるようだ。後々のトラブルを避けるためにも、業者とはよく話し合う事がおすすめだ。修理の見積もりを複数の業者にお願いして、料金や内容を比較検討するというのも、納得した形で施工を受けるため必須事項だと思うぞ!

水モレンジャーが選んだ!スピード対応が可能なおすすめ水道業者3選!詳しくはココをクリック!

PAGE TOP